• TOP  > 
  • 院内・設備紹介

診察室

細隙灯顕微鏡をテレビモニターに接続してあるため、映像を見ながら病状を説明いたします。

 

処置室

処置室は、まぶたや結膜の手術を行うための設備です。

暗室

暗室は、眼底写真撮影やレーザー治療を行うために使用されます。

 

検査室

検査室では血液検査や視力・眼圧検査や眼鏡・コンタクト処方などを行うために使用されます。

視野検査室

視野検査室では、緑内障の早期発見や経過観察に必要な検査を行うための設備です。

 

OCT(光干渉断層計)

OCT(光干渉断層計)は加齢黄斑変性黄斑円孔や網膜浮腫などの検査を行う設備です。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープは角膜内皮細胞数の測定や角膜の厚みを測定するための設備です。

 

IOLマスター

レーザー光線で眼球の長さを測定し、白内障手術時の眼内レンズの度数を決めるための機械です。

超音波検査

超音波を用いて、眼内の出血や網膜剥離の有無などを検査するのが超音波検査です。